レディー

ニキビ跡を改善|クレーターの状態に合った治療法

根気よく治していく

フェイス

ニキビ跡のクレーター治療で大事な事は肌のターンオーバーを促すということです。病院で治療すればいい結果が出ますが自宅で行った方が安く済みます。大事な事は治療が終わったら肌質を改善出来るようなものを使うことです。

詳細を読む

クリニックで治す方法

美容整形

クリニックではフラクセルレーザーなどで真皮層の組織をいったん破壊し、コラーゲンを生み出すクレーター治療ができます。クレーターのニキビ跡は改善するまで時間がかかるので、根気強く治療を続ける必要があります。

詳細を読む

肌のデコボコを治すには

顔

その原因は

ニキビの炎症が悪化した場合、治ってもクレーターのような跡が残ってしまうことがあります。これは皮膚の真皮が傷ついたため新陳代謝が正常に行われなくなったことが原因です。ニキビ跡のクレーター治療は肌の新陳代謝を促す治療が必要となります。治療法はレーザー照射、ピーリング、FGF治療などがあります。レーザー照射は機器の種類も多く、炭酸ガスレーザーやクールタッチレーザー、フラクショナルレーザーなどがあります。どれも肌のターンオーバーを促しコラーゲンを合成させる治療法です。レーザー照射は軽いやけどを皮下組織に起こすので、しばらくすると色素沈着が出てきます。数ヶ月すると自然に薄くなってくるので心配ありません。

様々な治療法

レーザー照射は妊娠中やその可能性のある人は赤ちゃんに影響が出るので受けることはできません。ニキビ跡のクレーター治療はピーリングという方法もあります。ピーリングは肌に薬剤を塗って軽いやけどをさせ角質を取り除く治療です。肌が弱く薬剤を使えない場合は、酸化アルミニウムの微粒子を肌に吹きつけたり、ダイヤモンドの粉を使って角質を研磨する方法が取られます。ニキビ跡のクレーター治療はピーリングの場合、数回に分けて行われます。そのためクリニックは通院しやすいところを選ぶことがオススメです。FGF治療はニキビ跡のクレーターにFGA(繊維が細胞増殖因子)というタンパク質の一種を注射して新陳代謝を図ります。これはヒアルロン酸注射などより持続性がありクレーター治療には効果的です。

美肌になる治療

顔の手入れ

フォトRFオーロラなどの医療機器を使用すれば、頑固なニキビ跡を改善するだけではなく、肌全体を美しくできます。でこぼこになったクレーターには自分自身の血液を皮膚に注入する治療やレーザーによる治療がお勧めです。

詳細を読む